K-MIX Rかがわ医療情報ネットワーク

サービス

かがわ医療情報ネットワーク K-MIX R サービス紹介

かがわ医療情報ネットワーク「K-MIX R」は、香川県内の医療関連施設(病院・診療所・調剤薬局・企業等)を情報ネットワークで繋ぎ、医療情報を相互に共有することで、質の高い医療サービスを実現する仕組みです。このページでは各サービスを紹介します。

  1. K-MIX R
    ポータルサイト・セキュアメール・ファイル共有・クリティカルパス
  2. MInCS・HumanBridge(K-MIX+)
    医療機関情報システム
  3. BASIC
    レセプト参照システム
  4. RadVision
    遠隔読影システム
  5. 地域連携クリティカルパス

K-MIX R ポータル

K-MIX R ポータルは、K-MIX Rの各サービスシステムにアクセスするための入り口(正門=ポータル)を担っています。
ポータルのアカウントでログインすると、各種お知らせの確認をはじめ、包括同意をされた患者さんの情報が閲覧できたり、施設間や利用者間でのファイル共有やセキュリティの高いメールの送受信が行えるようになります。また、医療機関情報システムや遠隔読影システムへは別途アカウントでログインすることなくシームレスにアクセスすることが可能です(SSO=シングルサインオン)。
※各サービスの利用およびSSOは事前の申請が必要です。

K-MIX R ポータル画面

医療機関情報システム

医療機関情報システムは、同意を得た患者さんの診療情報(病院・診療所・薬局・臨床検査会社などの医療関連機関で扱っている電子カルテやレセプトなどの医療情報)を施設間で共有するためのシステムです。各施設に導入されているMInCS(地域医療連携システム)や従来のK-MIX+(HumanBridge)がポータルで繋がっており、地域で包括して患者さんの治療や見守りが行えます。また、緊急時や災害時にも有効に活用することが可能になります。

医療機関情報システム画面

レセプト参照システム K-MIX R BASIC

過去に受診した医療機関の受診歴や投薬などの診療報酬情報を診療に役立てます。記憶だけに頼らず、新型コロナワクチン接種などでの円滑な問診、同じ検査や治療の削減、薬の飲み合わせ考慮、緊急時での活用が期待されています。

詳しくはこちら

遠隔読影システム RadVision

「読影」とは、CTやMRI、健康診断のレントゲンなどで撮影される画像を見て傷病の診断や観察を行うことです。遠隔読影システムは、かかりつけ医と読影専門の放射線診断医を場所問わず連携し、質の高い診断を身近にします。

遠隔読影システム RadVision画面

地域連携クリティカルパス

急性期、回復期、維持期にまたがる切れ目のない医療および介護サービスを実現するため、病院・診療所・介護保険施設・地域包括支援センター・訪問看護ステーション・保健所・行政などの多職種間で情報の共有を行っています。

ページ上部へ